オークランドの医療を受ける(留学中に肺炎にかかりました)

海外旅行や留学に行くとなると「もし渡航先で病気やケガをしたら?」と、不安に思う人もいるのではないでしょうか。

今回は、私が体験したオークランド留学中の病院に行った体験いついて話します。

なぜ病院に行くことになった?

留学1ヶ月半ほどたち、ホームステイを離れて一人暮らしに慣れてきたあたりに、私は風邪のような症状と熱で寝込んでいました。

エージェントや学校の関係者の方に相談すると、保険に入っているなら病院に行った方がいいと言われました。

が、その当時私は、そこまで深く考えていなかったので、一日二日寝れば治るだろうと軽く見ていたので、病院にはすぐに行きませんでした。

しかし3日経っても熱っぽさと咳の症状が止まないため、とうとう病院に行くことを決心しました。

日本ではあまり体調を崩さない私が、なぜ留学中なんだと嘆きながら病院を探したのを覚えています。

いざ病院へ


昼過ぎ頃にシティから一番近い国立の病院へ行きました。

予約や電話もなしにいきなり行きましたが、しっかり対応してもらえました。

受付ではパスポート保険の書類を提出し、電話番号、現住所などを書き込んで通してもらえます。

そして症状を簡単に伝えると、待合室に案内されました。

待合室にいいくと、なんと座席いっぱいに(およそ20)人ほど他の患者さんが待っていました。

仕方なく残っている座席について名前が呼ばれるのを待ちましたが、一人ひとりの流れが遅すぎる(笑)

2時間ほど待ってからやっと呼ばれました。ドクターのいる部屋へ。

ネットで調べたばかりの聞いたことのない単語でなんとか症状を説明すると、血液検査をし、なにやら点滴を付けられて待合室に返されました。

待合室に戻ると先ほどよりもたくさんの人が。この時やっとニュージーランドの医者不足問題を実感しました。。。

そしてさらに待つこと3時間、ようやく呼ばれ、肺炎と診断されました。

そこから会計までは早かったような気がします(感覚がバグっていました)。

ちなみに医療費は実費でおよそ300ドル(2万円相当)でした。診療だけでこの値段は高すぎる(笑)

私の入っていた保険は後に申告することで全額返金されるものだったので、初めて保険に入っていてよかったと思いました。

そして病院を出たのは8時過ぎ、診察なのに一日を病院で過ごしていました。

薬局(pharmacy)

処方箋を手に薬局に向かい、薬を手に入れました。40ドル(3000円相当)くらいしたかな。結構高い。

海外旅行に行く方はわかると思いますが、pharmacyといえば、薬局と言うよりスーパーのようなイメージがあると思います。

ニュージーランドではまさにそんな感じで、一般に買える薬がとても少なかったです。風邪薬なども種類が少なく、どれもやや高額

大半の薬を買うには処方箋が必要なのです。これは日本以上に厳しい印象でした。

なので常備薬など薬類は必ず日本から購入したものを持っていき、現地調達は避けた方がいいと思います。

医療保険について

ニュージーランド含む海外では医療費が高額になる場合が多いので医療保険加入は、必要不可欠です。

長期滞在される方は海外旅行保険への加入ができないようですが、そのほか場合(滞在期間が決まっている、ワーキングホリデー、留学、駐在など)は加入が可能です。

私の場合は留学前に加入していましたが、もちろん現地についてからでもネットや店頭、学校などの簡単な手続きで加入できます。

また、移住者も含め長期滞在者も現地で保険に加入することが可能です。

在オークランド日本国領事館記載の任意の医療保険は以下

  • サザンクロス社(Southern Cross Health Society)
  • タワー保険会社(Tower Health Insurance)
  • ソベレン保険会社(Sovereign Assurance Company LImited)

保険会社によって補償内容が非常に異なります。

補償する内容もそうですが、いざ病気になっても加入から何年もたたないと保険がおりない場合などもあるようです。

情報収集してから、自分にあったものに加入するのがいいでしょう。

まとめ

海外へ長期滞在の際は医療保険加入は必須!
薬類は日本で購入したものを持っていくこと推奨。
病気や怪我で病院にかかることがないのが理想ですが、もしもの場合に備えて不安のない生活を送りましょう!

高橋柊

高橋柊肩書きのないライター

投稿者プロフィール

22歳の学生。趣味はカメラ撮影。
自由なライフスタイルで旅をするバックパックに憧れて、短期留学や旅行を繰り返す。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 【海外ドライブのすすめ】海外旅行でドライブをする場合の情報まとめ

  1. 先日、私の愛車ことボクスターの幌オープン機構が破損しました。 破損したと言っても、既にもう直し…
  2. レーシングシミュレーター
    2020年4月。コロナウイルス「COVID-19」の拡大に伴い、あらゆるイベントが開催自粛となってい…
  3. ハンコン設置パターン
    以前、過去にないほどの盛り上がりを見せているeーMortorsports市場。新型ゲームハード『Pl…

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ記事

  1. 愛車のオープン機構が壊れた件について

    先日、私の愛車ことボクスターの幌オープン機構が破損しました。 破損したと言っても、既にもう直し…

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る