【グランツーリスモ】マツダ新ロータリースポーツがバーチャルで登場

RX-vision GT3

新型コロナウイルスによる緊急非常事態宣言が都心部を除き、解除はされてきたものの未だコロナ禍による陰鬱とした情勢の中、日本車好きとして嬉しいニュースが入ってきた。

『マツダ』の新たなロータリーエンジンスポーツの登場だ。

2020年5月22日(金)、プレイステーション4専用ソフト『グランツーリスモSPORT』がフリーアップデートを行ない、新たに『MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT』が追加された。

マツダが描く夢のロータリーエンジンレーサーでバーチャルサーキットを駆ける

遡る事、5年前。2015年に開催された第44回東京モーターショーで、恐らく来場者の関心を最も集めたであろう一台が、マツダの新型ロータリーエンジン【SKYACTIVE-R】を搭載すると言われた『Mazda RX-Vison』だ。

RX-Vision

 

世界で初めてロータリーエンジンを搭載した『コスモスポーツ』が1967年から発売を開始し、1991年にはル・マン24時間レースでは『787B』がロータリーエンジン搭載車としては初となる総合優勝を獲得。その後もロータリースポーツの傑作とも呼べるFD3S型RX-7を生産。2012年6月にマツダ最後のロータリースポーツモデル『RX-8』が惜しまれつつも生産を終了した。

マツダの歴史の中で常に中心にいたロータリーエンジン。その新型が2020年、バーチャル上とはいえサーキットを走る日が来た。

RX-VISION GT3 CONCEPT

『RX-VISION GT3 CONCEPT』は次世代型の4ローターロータリーエンジン『SKYACTIVE-R』を搭載し、8,900rpmの高回転型エンジンで最高出力は570PSを叩き出す。夢のエンジンを総重量1,250kgという軽量ボディに詰め込んだ。

エクステリアは無駄をそぎ落し、無骨でありながらも優麗さを持った【魂動デザイン】で着飾っている。もちろん、駆動形式はFRだ。

2015年以来、マツダフリークが焦がれた一台が走る姿を5年越しに目にする機会がきたのだ。

スパ・フランコルシャン

COMMENT市販車では基本的に2ローター式が用いられるが、本車両はGT3規格に合わせて計画され、787Bのエンジンコンセプトを踏襲し、4ローター式とされている。

RX-VISION GT3 CONCEPTのリリースを記念したスペシャルイベント

『RX-VISION GT3 CONCEPT』のリリースとマツダが2020年を持って創業100周年を迎えたことを記念してのスペシャルイベントが2つ『グランツーリスモSPORT』内で開催されている。

タイムトライアルチャレンジ

スパ・フランコルシャン

  • イベント名:MAZDA 100周年 RX-VISION GT3 CONCEPT タイムトライアルチャレンジ
  • 開 催 期 間:2020年5月22日~2020年6月5日
  • 必要ソフト:プレイステーション4専用ソフト『グランツーリスモSPORT』
  • 使 用 車 両:RX-VISION GT3 CONCEPT
  • ス テ ー ジ:スパ・フランコルシャン

ベルギーにある現行のF1サーキット【スパ・フランコルシャン】を舞台としたタイムトライアルイベント。

高低差約80mのオー・ルージュを始め、高速コーナーが多数存在する全長約7kmのロングコース。軽量ボディと次世代ロータリーエンジンのトルクフルな心臓を試すのにはうってつけのサーキット。

筆者も挑戦してみたが、タイムは2分21秒台とイマイチ…。ちなみに5月22日現在トップは2分16秒台となっている。

オー・ルージュ

CHECK約2分20秒かけて一周してくることになるが、イベント終了時1~3位の方は表彰され、マツダから素敵な記念品が贈呈され。(記念品の内容は非公開)

デザインコンテスト

出典:グランツーリスモ.com(https://www.gran-turismo.com/jp/)

  • イベント名:MAZDA 100周年 RX-VISION GT3 CONCEPT リバリーデザインコンテスト
  • 開 催 期 間:2020年5月22日~2020年6月5日
  • 必要ソフト:プレイステーション4専用ソフト『グランツーリスモSPORT』
  • 使 用 車 両:RX-VISION GT3 CONCEPT

『グランツーリスモSPORT』内の機能、カーリバリーからオリジナルのリバリーデザインを作成し、応募するデザインコンテスト。

マツダデザインチームの審査員により見事入賞を果たすとタイムトライアル同様、素敵な記念品の贈呈がある。

「走りに自信はないけど、芸術性なら!」という方は是非、参加してみてはいかがだろうか。

CHECK参加にあたっては以下の注意事項がある。

  • ゲーム内デカールの「マツダ100周年デカール」を必ず使用すること
  • ミシュランタイヤレターは変更しないこと
  • 応募にあたってTwitterが必要となるため、鍵つき以外のアカウントを所持していること

詳しくは、公式ページを参考にされたし。

せっかくの週末、バーチャルで車遊びを楽しもう

スパ・フランコルシャン

コロナ騒ぎも収束の兆しを見せてきて、緊急非常事態宣言の解除も始まってきているが、まだまだ世の中は自粛ムード。感染拡大を抑えるためにも今週末は家で過ごしたい。

せっかくの休日を無碍に終わらせてしまうのも、勿体ないという方は次世代ロータリースポーツのデザインとサウンドを楽しみながら、コンテストに精を出してみるのも良いかもしれない。


神谷よしあき

神谷よしあき自動車ライター

投稿者プロフィール

26歳。国内A級ライセンス保持。
自動車ライターで当サイト編集長を務める他の自動車メディアの『外車王SOKEN』にも記事を寄稿している。
愛車は2006年式のポルシェ ボクスターS。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 国内A級

    【JAF公認】国内A級ライセンスは1日取得が可能!?実際に取得してみた

  1. おすすめハンコン
    コロナ禍により、リアルモータースポーツの開催がことごとく中止になっている。そんな中、レースシムを使用…
  2. ハンコン設置パターン
    以前、過去にないほどの盛り上がりを見せているeーMortorsports市場。新型ゲームハード『Pl…
  3. 先日、私の愛車ことボクスターの幌オープン機構が破損しました。 破損したと言っても、既にもう直し…

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ記事

  1. 愛車のオープン機構が壊れた件について

    先日、私の愛車ことボクスターの幌オープン機構が破損しました。 破損したと言っても、既にもう直し…

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る